その他

メルマガ:推命&開運【虎の巻】について

皆様、こんにちは。はてなブログの投稿は久しぶりです。現在は、アメーバーブログを利用しています。ブログ「紫微斗数は神様の黙示録」です↓ http://ameblo.jp/fuushu/ 是非、一度、ご覧下さい。 また、ブログをする以前に配信していましたメルマガ:推命&…

開眼法要

本日、3月21日、自宅の仏壇の開眼法要を日蓮宗の清光山・教福寺のご住職、鈴木康照様にして頂きました。 とても体格の良いご住職様の力強い読経に、心が躍動する感じを覚えました。 法要が終わって、昨秋より体調を損なっているわたくしの娘の背中をさすりな…

指宿訪問

娘の療養のため、先日、鹿児島の指宿に行きました。 指宿はこれで4回目と思いますが、温泉が至る所にあり、風光明媚なところが多くて、わたくしの好きなところのひとつです。 開聞岳(別名、薩摩富士ともいう)↑ わたくしの以前からの知人で、健康食品の社…

賢人とは・・・

今月の聖語 天は賢人を すて給はぬ ならひなれば =震災と私たち= 日蓮聖人御遺文『兄弟鈔』 『 大震災から一年が経ちますが、いまだに私たちの心は、 過去の喪失感と未来への不安でいっぱいです。しかし、 多くの人々が心をくだき、暗中模索しながら前進し…

メンタルヘルス講習会

先日、メンタルヘルスの講習会を受講してきました。 IT社会の到来とともに、世の中の仕組みがどんどん複雑化し、人と人との触れ合いが減って行きました。 わたくしも、ほぼ毎日、メールは見ますし、インターネットも利用していますが、これらのIT導入で、仕…

防災対策

先日、防災対策の専門家の方のお話をお聞きする機会がありました。 昨年の東日本大震災で、津波や浸水の防災対策にも思いを巡らす必要が出てきました。 専門家の方のお話で、何点か、「なるほど!」と思ったことがありますので、それをご紹介させて頂きます…

もっと、頑張らねば!

先日、芦屋占い処・占風鐸へ、ご遠方のところ、わざわざ新幹線でお二人の美しい女性の方がお越し下さいました。 「二年前より、風州先生のブログを愛読させて頂いています!」 「いつか、是非、お会いしたいと思いつつ、やっと念願が叶いました!」 とおっし…

仏壇

きょうは京都へ参りました。 西本願寺近くの仏具店で、自宅に置く仏壇を見に行きました。 実家には結構立派な昔ながらの仏壇がありますので、ときどき実家に戻ったときに線香を供えて手を合わせていました。 それで、わが家には長らく神棚はあっても仏壇はあ…

昔ながらの労務管理

先日、社労士の先生とお話する機会がありました。 昨今、社会問題になっているメンタルヘルスのことを少しお聞きするためです。 仕事になじめなかったり、職場環境にとけ込めなかったり、あるいはストレスと過労が高じて精神疾患になる30代、40代の人が増え…

わが祖父、下田益三

昨日は名古屋能楽堂を訪ねました。 とても立派な能楽堂です。 <名古屋能楽堂前にて> 名古屋城の正門前の広々とした落ち着いた環境のところにあり、さすが尾張名古屋は芸術文化に力を入れているところだと感心しました。 いま、この能楽堂で、わが祖父、下…

2012年新規開講講座のご案内

芦屋占い処・占風鐸 2012年新規開講講座のご案内 ●手相講座 講師: 藤田和久 先生 Aクラス 3月17日(土)、4月21日(土)、5月19日(土) Bクラス 3月18日(日)、4月22日(日)、5月20日(日) (A、Bクラスとも定員まであと若干名の…

★芦屋占い処 占風鐸(せんふうたく)★ オープン!

皆様、こんにちは! この12月より準備を進めていました、芦屋占い処 占風鐸(せんふうたく)が皆様のご支援によりほぼ器具備品なども整い、去る18日に紫微斗数の教室も開催することができました。 (↑こちらは鑑定をさせて頂く部屋です) すでに年内に数名様の…

四国お遍路

ご無沙汰しています。 師走となり寒さが増してきました。 はじめての四国八十八カ所お遍路の旅から帰ってまいりました。 多くの方から言われるのは、「どうだった?」というお言葉です。 それに対するわたくしの応えは、「もう一度、行ってみたい!」という…

芦屋占い処 占風鐸(せんふうたく) のご案内

一気に晩秋の趣となってまいりました。 ご無沙汰しています。 この11日19日より約一週間、そして12月上旬にまた一週間、計約二週間を費やして四国八十八カ所のお遍路に出掛けることにしました。 今年はいろいろな出来事がありました。 一年を振り返って、反…

伯父の三回忌

きょうは、亡き伯父の三回忌の法事があった。 90歳で亡くなった伯父は、家業?の能楽師を継いで、わたくしの目からみれば羨ましい人生だったと思う。 日本の伝統芸能である能楽の世界は、わたくしも惹かれるものがある。 もし、仮に伯父の家に自分が生まれて…

防災の日

以前、ブログにも書きましたが、今年の初夢は、大洪水(大津波かも知れません)に襲われて狼狽している夢を見ました。 初夢を見た記憶はここ何年もなかったのに、今年に限って正月早々縁起でもない夢を見たと思っていました。 また、同時に、同じ日に少し時…

日本の不幸

「日本にとって不幸なことになった」という石原都知事のコメントが今朝のテレビで放映されていました。 何が日本にとって不幸なことになったのか? それは菅総理が内閣改造を行い、半年くらいはいまの菅政権が続くことになるだろうということについての石原…

5/8開講、紫微斗数講座は定員になり申込み終了しました。

5月8日開講の紫微斗数初級講座ですが、お陰様でこの17日で定員となり受講生の申込み受付を終了しました。 それ以後にお申込み頂いた方は、申し訳ありませんがお断りさせて頂きました。 悪しからず、ご了承下さい。 さて、先日より中国語を習い始めました。…

中島多加仁先生の新著のご紹介

わたくしの紫微斗数の師匠である中島多加仁先生の新著のご紹介です。 その名は「ちょい足し風水」。 ちょっとした工夫で無駄なお金を掛けずに、簡単に開運できる方法を惜しげもなくご披露されています。 風水といえば、お金と手間が掛かるものと思っていた方…

初夢

新年、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 昨年の暮れに風邪を少しこじらせて、二、三日前まで咳が止まらず難儀をしましたが、二日前に鍼灸師の先生に咳を止めるための鍼を打って頂き、随分楽になりました。咳に良く効く…

手相の整形

今朝のTVで、韓国では手相の整形が結構人気であることが紹介されていました。 手相は左手と右手のどちらを主に見るかで、いろいろと先生方によって見方に違いがあるようですが、それについて参考になるブログを発見しました。 →占い人間学 http://pub.ne.jp/…

筆跡鑑定士、筆跡診断士

人は「なくて七癖あって四十八癖」といいますが、手書きの文字もその人の個性が出るようです。 そうした筆跡を個人情報の塊として科学的に研究されているのが筆跡学と呼ばれるもので、その専門家に筆跡鑑定士または筆跡診断士という職業があるのを知りました…

不倫

先日、嬉しいメールを頂戴しました。 『虎の巻レポート、読ませていただきました。 メールマガジンには登録させていただいていたのですが、 実感を伴って、自分で読めるようになったのは、 ごく最近です。 自分の不徳というのが本当に身に浸みます。 私は全…

懐才不遇の後天運

以前から気になっていたことが、最近、ますます気になり出しました。 それは、運の良し悪しについてです。 透派の四柱推命の先生方の本を読んでいますと、後天運の良し悪しこそが幸不幸を大きく左右するように書いておられます。 以前にもご紹介した平岡滴宝…

「運命を変える技術」−書籍のご紹介−

いま、ベランダにあるバラの花が見事に咲き誇っています。 きょうも、爽やかな五月の風が感じられます。 コーヒーを飲みながら、Enyaの幻想的な曲を聴きながら、暫し、物想いにふけるのがわたくしの至福のひとときです。 元来、わたくしの命式は、冬月生まれ…

「運命学の賢い利用法」のセミナーの会場と参加費を変更しました。

さて、すでに先日、本ブログでご案内しました、5月23日(日)開催の「運命学の賢い利用法」のセミナーですが、会場と参加費を変更しました。 セミナーの新会場はチサンホテル新大阪に変更しました。 参加費は、3,000円から2,000円に減額致しました。 定員、24…

運命学講座を神戸で新しく開講しました。

昨日より運命学講座を神戸で新しく開講しました。 新しい教室の開講は、二年ぶりです。 久しぶりに心地よい緊張感で約四時間の講義をさせて頂きました。 昨日は初日ですので、主に神理のお話をさせて頂きました。 森羅万象は陰陽で成り立ち、万物は二象一態…

2月6、7日に東京で無料鑑定をします。

年が改まりまして、今年、はじめてのブログです。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 さて、今朝のTVを見ていますと、民主党の小沢幹事長の元秘書や現秘書の方々が逮捕されたという報道がなされていました。 明後日、18日からはじまる国会も難問山積…

おもてなしの心 −大徳寺・大仙院を訪ねて−

きょうは、船井総合研究所主催、「超繁盛起業視察セミナー」に参加してきました。 ユニークな企画で知られる船井総研さんのセミナーですから、臨済宗の大徳寺大仙院のお寺がその訪問先に入っているのには抵抗を感じませんでしたが、京都にあるというだけで高…

伯父の告別式で思ったこと

一昨日(13日)の未明に伯父が亡くなりました。 直前まで、元気にしていまして、九十歳ですから大往生ですね。 きょうは告別式で、遠方からもご高齢の方が少なからず参列されていました。 伯父はわたくしの祖父の代からの能楽師を引き継いで、それを家業(仕事…